応募条件はあまり気にしなくていいという事実

229_1

応募条件で諦めてませんか?

求人を見る際に、多くの方が応募条件を真っ先に確認するようです。確かに、魅力的な求人であっても、応募条件を満たしていなければ選考に進むこともできないので当然かもしれませんが。自分がやりたい仕事内容で、給与条件や勤務地も問題ない。理想の求人に出会えたと思っても応募条件が合わず断念・・・。あなたもこのような経験ありませんか?実はこれ、とてももったいないことなんです。




スポンサーリンク

例えばこんな場合

例えばこんな場合。あなたはとても魅力的な営業職の求人を見つけました。気になったので応募条件や求める人物像を見ると、次のようなことが書いています。❝法人営業経験3年以上❞。確かにあなたの営業経験年数は条件を満たしています。しかし、やってきたのは個人営業です。応募しても無理か・・・と考え他の求人を探すことに。

応募条件≠絶対条件

まず知っておいて欲しいこと。それは、応募条件や求める人物像に書かれていることは絶対条件ではないということ。こんな人に来て欲しい、このような人であれば即戦力として期待ができる、という理想の人物像を企業は設定します。それが応募条件となります。したがって、自ずと応募条件もやや厳しくなりがちになります。

では、条件に外れる人を企業が全て切り捨てているか、というと一概にそうとは言えないのです。理想に近い人や入社後に近づいていけそうなポテンシャルを持っている人に限って言えば、選考をしてみようとなる場合がほとんどです。例えば先ほどのケース。法人営業経験者ではなくても選考に進める場合が。ただ、応募の際に気をつけることがあります。

自己PR+経験不足の補い方

まずは法人営業に活かせる経験・力を自分が持っていることをアピールしましょう。個人営業と法人営業では顧客が確かに違います。しかし、予算を達成するという目標は一緒のはずです。自分の実績と、営業という仕事に対する取り組み方を伝えましょう。その経験が法人営業であっても活きるということを企業に説得するのです。

同時に、今の自分に足りないところがあることも素直に伝えましょう。その上で、その不足分を入社後どのように埋めていくのかを明らかにしておきます。例えば、法人営業は顧客相手のビジネスモデルや業界慣習、さらに組織内構造の把握が必要となってきます。これは個人営業では経験できないことです。このように不足している知識や経験を認識していることを伝えて、かつ自分なりにどのようにその不足分を補っていくのかを企業に理解してもらいます。

例え条件から外れていても、このようにアプローチしてくる候補者に対して企業はポジティブな印象を受けます。つまり、理想の人物像ではないが、経験やポテンシャルからして近い将来即戦力になり得る人物だ、と判断するのです。そうするとまずは選考をしてみて確かめてみたい、と考えるのです。

興味あるならチャレンジを

応募条件に外れているからといって諦める必要はありません。自分が活躍できると考える根拠=経験や力をちゃんとアピールして、尚且つ自分に足りない部分を補う方法を伝えることができれば選考に進めるチャンスは生まれるかもしれません。本当に興味がある求人であるならば、まずはチャレンジをしてみてください。




スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 山田さん
    大手・スタートアップ・起業の経験を持つ山田さん 大手企業からスタートアップを経て、現在はレアジョブ…
  2. linkedin_Japan
    世界屈指のビジネス特化型SNS"LinkedIn" 転職活動での活用方法とは 「LinkedIn …
  3. %e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
    あなたに最適な方法はどれ?5つの転職活動を比較! 転職活動を始めたばかりなのか、ある程度準備ができ…
  4. 12931062_1895405047352442_2097230748555971413_n
    [su_box title="Profile" style="soft" box_color="#d…
  5. picture
    メール作法は意外と見られてる? 就活中はメールで社会人とやり取りすることが増えますよね。いわゆる"…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る