株式会社 地方のミカタ 最高執行責任者の伊藤さんにインタビューしてきた。

IMG_3018
Profile
伊藤豪(いとう たけし) 新潟大学理学部数学科を2013年に卒業。新卒としてコカ・コーライーストジャパンに営業職にて入社。1年間勤めた後、独立のため同社を退職。現在は、株式会社地方のミカタ 最高執行責任者。

地方のミカタとは?

当社は、2012年に学生団体就サポSとしてサービスの提供を始めたのが最初です。2014年株式会社として登記。2015年会社名を地方のミカタに変更。現在は、地方就活生向けにシェアハウスを提供する事業を行っています。

ミッションとしては、東京と地方の就活生格差をなくすことです。現時点でのマネタイズは学生からの家賃収入となっています。一部企業様からの協賛金もいただいておりますが、まだまだ多くはありません。将来的には、企業様からの協賛金を増やし、学生には無料でシェアハウスを使ってもらえるようにしたいですね。




スポンサーリンク

伊藤さんのキャリアをお聞かせください。

私自身、地方の大学出身なんです。新潟大学からコカ・コーライーストジャパンに就職しました。入社してからは東京・西東京地区のスーパーマーケットを中心にルートセールスを1年間ほどやりました。そこから起業したいと思い会社を辞めました。会社を辞めてからは1ヶ月間くらい空白の期間がありました。起業はしたいと思っていても、具体的にどうするかまでは考えられていなかったんです。

ちょうどそのタイミングで代表の岩本と出会いました。岩本は当時既に地方のミカタの前身である、就サポSという学生団体を1人で運営していました。岩本と出会い、一緒にこの事業をやっていきたいと思ったんです。ただ、やりたいはいいんですが自分自身人材関係のビジネスにかかわったことがなかった。だから、本格的に事業運営に参加する前に、3ヶ月間とある人材会社に入社して研修を受けました。その後地方のミカタ(旧就サポS)の事業運営に加わりました。

そもそも地方のミカタ(旧就サポS)を知ったきっかけは?

地方の就活生向けにシェアハウスを提供している団体がある、というのを知ったのはコカ・コーライーストジャパンを辞める2ヶ月前でした。当時、新潟出身の在京社会人を集めて、ルーキー交流会(という名の飲み会)を主催していました。最初は、新潟大学出身だけだったのですが、だんだんと他の地方出身の仲間も加わってきたんです。規模が5-60人くらいになった時に、当時の後輩が岩本の就活シェアハウスサービスを利用していたんです。その後輩から、新社会人(地方出身)と就活シェアハウスの学生でなにかキャリアイベントができないかという相談を受け、共催したのがきっかけですね。

今振り返ってみて当時の退職→起業の選択は正しかった?

現時点でそれが最適解だったかどうかはまだわからないですね。会社も事業もまだまだ成長段階、というより成長のために仕込みをしなければいけない段階なんです。その分、これから楽しみなことが本当に多い。昨年に比べたら売上も当初の想定以上に増えている。会社も大きくなって、自分も成長できる。

それにこのビジネスは面白いです。未来ある若者の助けができるんです。助けた人の中には将来社長さんになる人がいるかもしれません。世界を舞台に活躍する人も出てくるかもしれません。そんな風にいろんな人の人生に伊藤という人間が寄り添っていた、影響を与えていたということを感じるのはやりがいです。将来一緒にビジネスやりましょう!という学生もいる。そういうつながりっていいですよね。

シェアハウスはこんな感じ

シェアハウスはこんな感じ

ところでなぜ前職をファーストキャリアにしたんですか?

営業職をやりたいというのがまず気持ちとしてあった。そのなかで何を営業するかを考えたんです。自分は嘘をつけない性格なので、一番好きなものじゃないと売れないと思った。で、自分の日常を振り返って好きなものはなんだろうと考えたんです。そしたら、毎日コカ・コーラ商品を飲んでいることに気づいたんです。自分の日常にコカ・コーラが欠かせないものだった。それくらい好きだったし、それを売れる仕事であれば自分も幸せだし、家族も幸せにできるし、社会も幸せにできると考えた。

理系なのに営業職?

ちなみに、営業職を考える前はSE職を考えていたんですよね。その時は自分がなにをやりたいのか、なんてよく考えてなかった。私は理系だったんですよ。で、先輩もSEになっている人が多いんです。だからSEでいいかなと。それに、たまたま金融工学専門だったので金融系のシステム会社でいいかと考えた。そんな安直な考え方で就職活動をしていた。だからやっぱり決まらないんですよね。なにを自分がやっていきたいかを何も語れなかったし、実績もなかったので企業に自分を売り込むことができなかった。それに気づいてもう一度しっかり自分がやりたいことを考えようとした。

なぜ起業に興味があったんですか?

私も地方出身なんです。秋田なんですけど。これは地方出身じゃなきゃ分からないと思うんですが・・・東京に出てきてからびっくりすることが本当に多かったんです。人が多いし、それに応じていろんな生き方があるなと感じました。働き方も人それぞれですし、とにかくいろんな世界で溢れているな、と興奮しました。秋田にないチャンスが東京にはたくさんある。そんな思いを抱えながら東京で働いていたんです。でも同時に将来は秋田にもどりたいな・・・という思いができてきたんです。2020年以降は秋田にもどりたい。じゃあ秋田でなにをやるのかというのを考えていました。入社して1年目だったんですが笑。それじゃ自分でなにか事業やるか、という感じで起業に興味がわいたんです。

もうひとつ、地元秋田大仙市の観光PR動画コンテストというのに参加して、賞を取ったのも起業に対する思いを強くしましたね。秋田といっても私の出身である大仙市が主催するコンテストだったんですが。IT企業に勤める友人と、東京でミュージシャンとしてデビューしている女の子と一緒に作ったんです。実際のところ、動画そのものがよかったというよりも、その女の子が作った曲がだいぶ反響を呼んだのが賞を取った大きな要因だと思いますが・・・。とにかく賞をとって自信がついたんです。自分でも何か影響力のあることやれるんじゃないかと。その女の子が作った曲は、市の公式な観光PR曲になっています。ちょうどそのタイミングに岩本との交流も始まったので、さらに独立を促すきかっけとなりましたね。ちなみに、その当時は秋田でコミュニティカフェなんかできたらなーとか思ってました。

今後の人生は?

先ほどもお伝えしましたが、起業を考え始めた頃の私は漠然とコミュニティカフェやりたいなーと考えていたわけです。でも、現実的に考えると難しい。やりたいのは自分の出身地域で、と考えていたんですが村(旧南外村現在は大仙市)なんですよ笑。何にも実績がなくて、知られていない自分が村でコミュニティカフェをやったところで誰が来るんだと笑。だから実績が欲しい。経営ノウハウが欲しい。今やっているビジネスを成長させて、同時に自分もしっかり成長してから、この夢を叶えたいなと。

幸いいまのビジネスは人材にかかわるお仕事。人とのつながりを大事にしていたらコミュニティカフェにも誰かしら来てくれるようになるかなと笑。いま地方のミカタがやっている事業って一見東京一極集中を助長しているビジネスにみえるかもしれませんが、逆に東京から地方に人材を還元するようなこともできるのかなと思うんです。そしたら、自分の夢も今のビジネス上で実現させられますね。そんなことができればなと密かに目論んでいます。秋田に拠点を作ったりね。

学生や社会人に一言

好きな言葉があるんです。ある京都の方の言葉で。「これからがこれまでを決める」というもの。これからどうしたいか。そしてそれを実際に行動に移してみる。そうすることで、過去の行動に意味が出てくる。絶えず自分がどう生きていきたいのかを考えるのは大事だと思うんですよ。今ばかりみててもだめ。過去ばかりみててもだめ。行動することで今の自分に意味付けが出来るんだと思います。

就活生って、自己PRを上手く言うために、とか自己分析を徹底的にやったりしています。でも、自分がこの先どんなことをしたいのか。自分がわくわくする行動はなにか。未来はなにかを一生懸命想像することも同時に大事なんだと思います。社会人の方はとにかくイマを生きている人が多いと感じます。忙しくて将来のことなんて考えられないというように。でも一旦立ち止まって考えてみる必要はあるかなと思います。これから自分はどんな生き方をしたいのかと。

ありがとうございました。

イベントもやります。

イベントもやります。

起業に興味あるあなたにおすすめ書籍

大富豪の起業術




スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 山田さん
    大手・スタートアップ・起業の経験を持つ山田さん 大手企業からスタートアップを経て、現在はレアジョブ…
  2. linkedin_Japan
    世界屈指のビジネス特化型SNS"LinkedIn" 転職活動での活用方法とは 「LinkedIn …
  3. %e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
    あなたに最適な方法はどれ?5つの転職活動を比較! 転職活動を始めたばかりなのか、ある程度準備ができ…
  4. 12931062_1895405047352442_2097230748555971413_n
    [su_box title="Profile" style="soft" box_color="#d…
  5. picture
    メール作法は意外と見られてる? 就活中はメールで社会人とやり取りすることが増えますよね。いわゆる"…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る