将来的なキャリアを見据えた就活のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
photo-1476715509101-bc6ceb7ac07e

キャリアの可能性を見据えた就活をしていますか?

学生にとって、内定をもらえかどうかが就活において最大の関心事かと。そのために、自己分析や面接対策を一生懸命やっているんだと思います。もちろん、内定を取るために頑張ることも大事ですが、その先にあるキャリアの可能性を見据えることも同時に重要かと思います。




スポンサーリンク

キャリアとは

そもそもキャリアって何なのでしょうか。デジタル大辞泉の解説によると

キャリア(career) 《「キャリヤ」とも》 1 職業・技能上の経験。経歴。「キャリアを積む」「キャリア不足」

情報源: キャリア(きゃりあ)とは – コトバンク

ということらしいです。なので、キャリアの可能性を見据えた就活=ある企業で得られる経験やスキルが、どのように自分に役立つかをちゃんと考えて就職先を決めるということになります。

考えて欲しいこと

得られる経験やスキルが専門的なものなのかジェネラリスト志向なのか。将来転職を考えたときに、どのような職種や企業が選択肢としてあがるのか。年収の推移モデルはどのようなものか。キャリアアップはできるか。このようなことを考えて、キャリアの可能性を探ってみてください。

業界について

そのために、まず業界の理解は欠かせません。まず、業界の成長性はキャリアに大きく影響を与えます。成長を続けていたり、新しいビジネスが起こっている業界は、転職を考えたときも比較的選択肢が多くなります。職種の変更も若いうちであれば、可能性が大いにあります。

職種について

選ぶ職種である程度自分のキャリアは決まってしまいます。営業職を選んだ方が途中でエンジニアに職種を変更・・・というのは全くない話ではないですが、なかなか難しいもの。自分が選ぶ職種にどのような可能性があるのか、についてはOB/OG訪問するなどして予め知っておきましょう。

年収について

業界や職種によって、何歳でどれくらいの年収をもらえるのか、というのはある程度分かります。それを調べる方法でおすすめなのは、自分の市場価値を調べることができる「MIIDAS」というサービス。無料で使えるので、例えば「29歳・営業職・製造業界」といった仮の設定で市場価値を調べてみてはどうでしょうか。

内定をもらうことが目的ではないはず

確かに内定をもらいたいです。でも、内定をもらったからといって、その先のキャリアが納得いくものなのかどうかは別の話。自分はどのようなキャリアを歩みたいのか。どのような価値のある人間になりたいのか。仕事を始めてから現実を知るのでは遅すぎるので、3年後、5年後、10年後どのような経験やスキルがついているのかを知っておくことは内定を取る以上に重要なことなのではないかと思います。




スポンサーリンク

他の就活生と違ったやり方で就活をしたい!
そんなあなたにLinkedInを活用した就活方法を教えます!
お問い合わせは学生向けLinkedIn活用セミナーまで(無料)
Share !Share on Google+1Share on LinkedIn0Tweet about this on TwitterShare on Facebook3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 山田さん
    大手・スタートアップ・起業の経験を持つ山田さん 大手企業からスタートアップを経て、現在はレアジョブ…
  2. linkedin_Japan
    世界屈指のビジネス特化型SNS"LinkedIn" 転職活動での活用方法とは 「LinkedIn …
  3. %e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
    あなたに最適な方法はどれ?5つの転職活動を比較! 転職活動を始めたばかりなのか、ある程度準備ができ…
  4. 12931062_1895405047352442_2097230748555971413_n
    [su_box title="Profile" style="soft" box_color="#d…
  5. picture
    メール作法は意外と見られてる? 就活中はメールで社会人とやり取りすることが増えますよね。いわゆる"…

RSS登録

follow us in feedly

LINE@に登録!

友だち追加数
記事更新のお知らせをLINE@で受け取れます!
ページ上部へ戻る