【LinkedIn活用セミナー】東京大学大学院 谷隼一さんに感想を聞いてきました。

linkedin_%e6%9d%b1%e5%a4%a7

LinkedInの使い方をレクチャーしてきました!

今回は東大でLinkedInの活用方法をレクチャーしてきました!お問合せいただいた谷さんとご友人達と一緒に、セミナー形式で行いました。谷さんに感想をいただいたのでご紹介します!(谷さん:写真一番左)




スポンサーリンク

自己紹介

− まずは自己紹介をお願いします!
東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻に在籍しています。高校まで富山にいました。大学では京都の同志社大学生命医科学部に進学し、電気回路や画像処理を勉強していました。現在は、医療工学系の研究室で医用画像処理や光学系について勉強しています。今秋から青山の企業で長期インターンとして働きはじめ、研究と就活の両立を目指して毎日を過ごしています。

− 今回どうしてこのセミナーを受けたいとおもったのですか?
外資ITリクルーターブログ記事を読んだことがきっかけでした。就活を行うときに外資ITに興味があり、こちらのブログにたどり着きました。プロの方からコツを聞いて実践し、正しく使えたほうがいいと思い、セミナーに応募しました。

セミナーの感想

− 感想をお願いします!
セミナーは緊張感を持って授業のような形で行われると思っていましたが、対話形式でフランクに教えてくださったので楽しめました。人事目線から見た就活全般の話、LinkedInの使い方やちょっとしたコツなど短時間で多くを学ぶことができました。特に企業と学生が直接つながる「ダイレクトリクルーティング」のお話が印象に残っています。それから、LinkedInでプロフィールを充実させたり、企業をフォローし講義内容を実践することができ、実りある1時間半でした。

− LinkedInを使った就活のメリットについてどう考えましたか?
LinkedInを使うことで2つメリットがあると思います。

1つは志望する企業の会社の方や人事の方と直接つながることができ、合説やメディアでは知ることができないような情報を手に入れたり、社員さんの雰囲気を知ることができることです。直接会うことで企業の理解も深まり、入社後のミスマッチを減らすことができると思います。企業と学生の双方にメリットがあるのではないでしょうか。

もう1つは自分のキャリアについて考えることができることです。LinkedInでは自分の大学、大学院の先輩や志望する企業の方のキャリアについて理解することができることができます。自分の将来について考える参考にもなるし、OB・OGの方ともつながってキャリアについて直接お話することができると思います。自分の将来のキャリアを考える上でのいい材料になります。

セミナー後に実践したこと

− 実際に何か実践したことがあれば教えてください。
自分のプロフィールを詳しく書いて、お話を聞きたい企業の方につながり申請を送りました。あとは、企業や海外のニュースをフォローして情報収集も始めました。企業研究や英語学習にもなると思います。実際、Amazon Japanのリクルーターの方とお会いすることができたので、採用担当の方と”直接つながれる”ということを実感しました。

− おぉ、すごいですね!

就活仲間に一言

-外資系企業での就職やキャリアについて迷っている方は絶対にLinkedInを始めて、セミナーを受けるべきだと思います。LinkedInを使って積極的に行動し、キャリアについて考えることでより良い就活ができるのではないでしょうか。セミナーも楽しく学べるので興味ある方は西村さんに是非連絡してみてください!




スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 山田さん
    大手・スタートアップ・起業の経験を持つ山田さん 大手企業からスタートアップを経て、現在はレアジョブ…
  2. linkedin_Japan
    世界屈指のビジネス特化型SNS"LinkedIn" 転職活動での活用方法とは 「LinkedIn …
  3. %e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
    あなたに最適な方法はどれ?5つの転職活動を比較! 転職活動を始めたばかりなのか、ある程度準備ができ…
  4. 12931062_1895405047352442_2097230748555971413_n
    [su_box title="Profile" style="soft" box_color="#d…
  5. picture
    メール作法は意外と見られてる? 就活中はメールで社会人とやり取りすることが増えますよね。いわゆる"…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る