リクルーターとの電話面談、ここに気をつける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
238_1

リクルーターとの面談は選考プロセスのひとつ

前提としてですが、ここで使うリクルーターは、採用担当者という意味で使っています。今回は新卒採用と中途採用に分けて、外資ではよく行われる電話面談の裏側について書いていきます。電話面談を受けるにあたって、こんなこと聞かれるから注意してね!ということを理解していただければと。電話面談は相手の表情が見えない分、話の内容が評価に影響を大きく与えます。まずは、リクルーターとの電話面談の多くは、選考の一貫ということを認識してください。




スポンサーリンク

リクルーター面談の目的と対策【新卒】

新卒採用だと、企業の説明会に参加 → エントリー → 面接という流れが一般的ですよね。したがって、リクルーターと電話面談というのは珍しく、選考の一貫という認識はあまりないようです。もちろん、好意で時間を取ってくれる場合もありますが、事前選考を目的としていることがほとんどです。

もうひとつの目的は、その学生に対して動機付けをはかるためです。電話面談によって、早期から学生と関係性を構築して志望意欲を高めたいという意図もあります。したがって、電話面談はある一定の評価を受けている学生を対象にしている可能性が高いです。

こういった電話面談の機会を設けるのは、特に外資など採用人数が小規模である企業が多いようです。しっかり事前準備をして、なおかつリクルーターと良好な関係性を構築することで、本選考を有利に進めていきたいですよね。

面談でよく聞かれる質問

面談でよく聞かれる質問について事前に知っておきましょう。面接とある種目的は同じと考えれば、聞かれる質問も似たものになります。しかし、本選考ではないということで、会話の進め方にもポイントがあります。

【よく聞かれる質問】

  • 今回どうして面談を受けたいと考えたのですか?
  • 自己紹介をお願いできますか?
  • 就活で興味を持っている業界・企業・職種を教えてください。
  • 上記の質問に対する回答への深堀(なぜその業界・企業・職種を?)
  • 企業選びで大切にしている条件はありますか?
  • どのような環境で働きたいですか?
  • 他人から自分はどのような性格・人間だと言われますか?

このような質問に対しては、簡潔に答えられるよう事前に準備しておきましょう。要点の得ない回答は避けましょう。電話なので余計に話しベタであるという印象を強くしてしまいます。

加えて、質問にただ答えるだけで終わらないようにもしましょう。あくまで”面談”ですので、こちら側が聞きたいことを質問できるチャンスです。企業のことや風土のこと、そして待遇など一歩踏み込んだ質問もしてみてください。また、現場社員の方を紹介してもらいたい場合はお願いしてみるのもいいと思います。

逆に、質問ありますか?と聞かれて「特にありません」はマイナスの印象を与えます。電話面談という機会であっても、事前準備を行っていれば自ずと聞きたいことは出てくるはず。新卒であれば、仕事内容を完璧に理解している人は少ないはず。

面談であってもしっかり準備している学生は、自分なりの仮説を持ってそれを検証するため様々な質問をしてきます。事前に調べているので鋭い質問もしてきます。このような学生は高評価を受けますし、採用したいので選考中においても様々なサポートをしていきます。逆に、質問内容が浅かったり、全くないというのはマイナスの印象をリクルーターに与え、場合によっては選考に進むこともできなくなったりします。

逆質問が実は一番重要なポイントだったりしますので、よく聞かれる質問に対しての準備とともに、何を聞きたいかも併せて用意しておきましょう。

リクルーター面談の目的と対策【中途】

新卒との大きな違いは、採用プロセスにかかる時間です。新卒の場合は、リクルーターと学生が接触してから、実際に入社に至るまでに数ヶ月もの時間がかかります。場合によっては、一年以上ということも。一方、中途はそれほど時間がかかりません。

つまり、中途採用におけるリクルーターとの電話面談は、より面接色が濃くなります。しかし、候補者が自ら応募してきたのか、リクルーターが声をかけたかでも内容は変わってくるのでそれぞれに分けて考えてみます。

1)候補者が自ら応募した場合

あなたが自ら応募した場合は、リクルーターとの電話面談=面接と考えましょう。まず聞かれる質問としては、あなたが応募した理由と転職動機です。応募しているということは、明確な転職動機があり、その上でなぜ自社を選んだのかという理由を知りたいわけです。この最初の質問にどう答えるかは、非常に重要なので簡潔に回答できるよう準備しておきましょう。

さらに、想定され得る質問事項については、外資IT企業の採用担当者が語る、面接で聞く4つのポイントを読んでみてください。主に法人営業職を想定して書いた記事ですが、目標や実績に対する質問はどの職種についても聞かれますので。

2)リクルーターから候補者に声がけ場合

一方、リクルーターから直接声がかかって「一度電話でお話しませんか?」という流れも往々にしてあります。この場合、あなたは立場上優位です。どちらかというと。リクルーターがまず確かめたいのは、なぜ今回電話面談を受けたのかという点。恐らくアイスブレークの後、最初に聞かれる質問かと思います。

プロフィールだけで判断すると、採用対象に入っている人物。リクルーターは、そう考えて声をかけているはず。したがって、電話面談を受けてくれた理由をきくことによって、転職に対する意向を聞きたいわけです。

電話面談中に聞かれる質問内容は、1の場合と変わりはありません。リクルーターとしても、プロフィールだけで判断はできないので、仕事に関する細かい質問はしてきます。つまり、そこで「あれ、やっぱりそんなに魅力的な人材じゃないな」と判断される可能性も大いにあるので、電話面談を受けるのであれば相応の準備はしておくべきです。

加えて、転職する際の条件面については、深く聞かれることも想定されます。どういう条件であれば、転職意向が強くなるのかを聞き出したいからです。したがって、リクルーターに直接声をかけてもらった場合は、転職を検討する際の条件面についても予め考えておくことをおすすめします。

リクルーターに声をかけてもらうためには

リクルーターから直接声がかかるということは、中途・新卒問わず、これまでそんなに多くはありませんでした。新卒の場合は、エントリーシートや履歴書提出時にたまたま目に留まったことがきっかけであったりします。中途の場合はメディアから候補者の情報を知り、声がかかるという程度のものでした。

しかし、Social Mediaの普及にともない、個人が自らの情報を発信する場が増えてきました。Social Mediaを上手く使えば、接点を自ら作り出すことも可能です。詳細はほとんどの学生が知らない就活方法を参照して欲しいのですが、ここで紹介しているLikedIn以外でも、FacbookやTwitterは強力な人脈構築のツールとなります。是非有効活用してみてください。※題名が学生となっていますが、中途の方にも有益な情報かと。

リクルーター面談はしっかりと事前準備を

ということで最後に一言。準備は怠らないこと。話を聞いてみたら、意外といい企業だった。興味が出てきた。ということは多々あります。どのような時でも、自分を売り込む努力は怠らないほうがいいですよね。




スポンサーリンク

就活や転職活動で悩んでいませんか?キャリアコンサルティングご活用ください。
お問い合わせは”就活・転職キャリアコンサルティング“からお問い合わせください。
Share !Share on Google+1Share on LinkedIn35Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. linkedin_Japan
    世界屈指のビジネス特化型SNS"LinkedIn" 転職活動での活用方法とは 「LinkedIn …
  2. %e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%af%94%e8%bc%83
    あなたに最適な方法はどれ?5つの転職活動を比較! 転職活動を始めたばかりなのか、ある程度準備ができ…
  3. 12931062_1895405047352442_2097230748555971413_n
    [su_box title="Profile" style="soft" box_color="#d…
  4. picture
    メール作法は意外と見られてる? 就活中はメールで社会人とやり取りすることが増えますよね。いわゆる"…
  5. entrysheet-marketing
    ES✕マーケティング ES(エントリーシート)の提出は就活において避けては通れない道ですよね。いろ…

RSS登録

follow us in feedly

LINE@に登録!

友だち追加数
記事更新のお知らせをLINE@で受け取れます!
ページ上部へ戻る