英語に自信がないけど外資で働きたい?

medium_3475417696
The following two tabs change content below.
西村 航
とある外資IT企業でリクルーターをしています。新卒採用担当から中途採用に変わりました。在宅ワーカーで、一日中家にいます。SNSからもお気軽にコンタクトください!

やっぱ英語が必要?

外資への就職を志望する学生から聞かれる質問で最も多いのが「英語力は必要か」という問です。外資のような実力主義の環境で働きたい。グローバルな環境という点で外資に憧れている。でも、留学経験がなく、英語はまるでダメ。そんな自分が外資系企業に入れるのか不安です、というもの。果たして実際はどうなのでしょうか。

外資は英語力が必須?

結論、必須ではありません。外資といっても、相手にするお客さんは日系企業です。日常使う言語は日本語となるところがほとんどです。また、ポジションによって英語を使わないこともあります。なので必須ではありません。しかし、できた方がいいことは言うまでもありません。キャリアを積むと語学力によって仕事の幅に差が出てくるからです。

広がる仕事の幅

海外出張や本社との会議ではやはり英語力が必要になってきます。たとえば、クライアントが海外で事業展開するとなった場合。クライアントについていって事業展開のサポートをすることもあります。また、ポジションが上がってくると、本社との会議が入ってくることがあります。さらに、開発のポジションであっても、本社の新製品や研究開発状況の進捗共有について英語でミーティングが行われることがあります。そうなってくると、やはり英語ができる人しかそういった仕事が任されなくなります

今できなくても問題はない

このようなことを説明すると、英語力がないからやっぱり外資は諦めますという方がいます。それは非常にもったいないと感じます。言語は単なるコミュニケーションツールです。今からでも英語力を伸ばし、つたなくてもコミュニケーションがとれるようになればいいのです。あとはコミュニケーション能力でカバーできる問題です。よく言われていることですが、英語ができる=仕事ができるではありません。外資で働く人もそのことについては十分理解している方が多いです。英語はあとから頑張って身につけたらいいのです。本当にその企業に興味があるならチャレンジしてみましょう。

関連記事

LinkedInの使い方教えます!




LinkedInの使い方を教えます!学生から社会人、採用担当者までLinkedInユーザー会のメンバーがご相談にのります!

もっと詳しく見る

ページ上部へ戻る