LinkedInの登録手順から詳しく説明!ほとんどの学生が知らない就活方法

image
The following two tabs change content below.
西村 航
とある外資IT企業でリクルーターをしています。新卒採用担当から中途採用に変わりました。在宅ワーカーで、一日中家にいます。SNSからもお気軽にコンタクトください!

ダイレクトに企業とつながれる時代

就職活動はそのサイクルが既に確立されたものとなってますよね。就活ナビ媒体に登録する → 会社の説明会に参加する → 面接・・・という感じで。多くの学生はこの時間割通りに就職活動をしていきます。でも、就職活動ってこのやり方だけなのでしょうか?”就職活動”の先入観を一度取り払ってみてもいいかもしれません。だって今や企業と学生がダイレクトにつながれる時代ですから!!

LinkedInで攻めの就活

昨今SNSを利用した就職活動が盛んになってきています。FacebookやTwitterで企業アカウントをフォローするという情報収集目的が主であるようです。そのような中、まだ日本人学生にあまり利用されていないSNSがあります。それがLinkedInです。LinkedInは米国発、ビジネス人脈形成を目的にしたSNSです。たとえば、ビジネスパートナーを見つける、リクルーターが優秀な人材をスカウトする、または営業担当が新規クライアントを見つける、などなどその用途は様々。Facebookとは違い、知らない人とも気軽につながれるのが特徴です。このLinkedInは就活生にとっても役立つ&あまり知られていないおいしいツールです。

まずは登録してみる

取り合えず登録しないことには始まりません。以下のURLより登録ができます。
LinkedInアカウントの登録
そうすると次のような画面に飛ぶはずなので、必要情報を入力しちゃいましょう。
%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e5%a4%a7%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-linkedin

登録したらプロフィールを充実させよう

LinkedInのプロフィールは、履歴書みたいなもの。自分の学歴や経歴でアピールできる活動内容はどんどん書いていきましょう。プロフィール写真はFacebookのようなプライベートなものよりは、フォーマルなものを選びましょう。スーツ着用か、少しビジネスライクな雰囲気のものがおすすめです。あなたとつながりたい、コンタクトをとりたいと思うかどうかはプロフィールでほぼ決まります。以下プロフィール作成の参考にしてみてください。内容は社会人向けですが、キャリアサマリなどは学校で学んでいることやインターンシップ経験などを書けばいいです。

LinkedIn プロフィール作成&活用ガイド(PDF・ダウンロード可) from LinkedIn Japan / リンクトイン・ジャパン

つながりを増やす

次につながりを増やしていきましょう。Facebookと同様に検索ボックスがあります。そこにつながりたいターゲットに関わる言葉を入れてみます。たとえば、”リクルーター”。そうすると、様々な企業のリクルーターが出てくると思います。興味ある企業であれば”つながり申請”をしてみましょう。特にはじめは、幅広く人脈を作る目的で人を選ばずつながり申請をしていってもいいかもしれません。

このように、リクルーターとのつながりが増えてくると次は”もしかして知り合い?”機能によってLinkedIn側がコンタクト推薦してきます。そこで推薦される人物の属性は、自分がこれまでにつながってきた人の属性が参考にされています。したがって、リクルーターと多くつながってきた人には、さらにいろんな企業のリクルーターが知り合いとして推薦されるのです。このようにして、自分がつながりたい属性の人物と効率的につながっていきましょう。

実際にコンタクトをとる

つながりが増えてきて、LinkedInの使い方にも慣れてきたら実際にコンタクトを取ってみましょう。LinkedInはつながった人物にはダイレクトにメッセージを送ることができます。志望している企業の方であればメッセージを送ってみて、自分が就職活動中であることやその企業を志望しているので選考を受けたいことを率直にメッセージしてもいいと思います。リクルーターがそのメッセージを見て、気になった場合は返信がくるでしょう。このように、選考の機会を自ら掴んでいきます。

さらに、リクルーターだけではなく気になる企業の気になる職種についている方がいれば積極的につながっていきましょう。その会社で働くことについてもしかしたら教えてくれるかもしれません。メッセージで自分の状況を説明して、お話できないかお願いしてみてください。Facebookとは違って人脈形成で使っている人がほとんど。露骨に嫌がる人はLinkedInをそもそも使っていません。ただ、礼儀・礼節を忘れないように。

その先のキャリアへ

LinkedInはなにも就職活動時期だけに便利なツールではありません。むしろ、LinkedInはヘッドハンターが転職潜在層へのアプローチ方法として活用していることがほとんど。自分が社会人になった後もプロフィールを更新していきましょう。自分の市場価値が高まれば、ヘッドハンターからキャリアアップのお誘いがくることもあります。LinkedInは自分のキャリアアップのためにも非常に有効なのです。

LinkedInを使っている企業

そんなLinkedInもいいことばかりではありません。まだまだ日本ではユーザー数が少ないことが課題です。したがって、自分が希望する企業の方が登録していないこともLinkedInを積極的に活用する人が多いのはIT業界、特に外資系の企業はその傾向が強いと思います。しかし、使って損をすることはないので是非チャレンジしてみてください。なにか分からないことがあればお問い合わせください。学生向けのLinkedInの活用セミナーをやっております。

キャリアチケット

関連記事

LinkedInの使い方教えます!




LinkedInの使い方を教えます!学生から社会人、採用担当者までLinkedInユーザー会のメンバーがご相談にのります!

もっと詳しく見る

ページ上部へ戻る