ベンチャー企業で働くと成長するって本当?

OZP86_zutuugaitai500
The following two tabs change content below.
西村 航
とある外資IT企業でリクルーターをしています。新卒採用担当から中途採用に変わりました。在宅ワーカーで、一日中家にいます。SNSからもお気軽にコンタクトください!

成長したいからベンチャーなのか?

候補者の方からよく聞かれる質問があります。成長したいのであればベンチャー企業で働いたほうがいいのか、についてです。就職ナビを見れば分かりますが、ほとんどのベンチャー企業が”成長”というワードを強調して候補者を惹きつけようとしています。「経営者視点が身につく」「早くから責任ある仕事が任される」などあなたも聞いたことのあるフレーズがあるのではないのでしょうか。果たして、ベンチャー=成長は本当なのでしょうか。

ベンチャーで働くメリット

一般的に、ベンチャー企業は大手ほど整った教育環境がありません。あなたが掲げるゴールまでの道筋を丁寧に示してくれることもほとんどありません。あなたが自分で目標を決め、その手順を考え、そのために必要な知識や経験を自ら得て行動していく必要があります。これらの環境で働き結果を出していけるのであれば、必然的に高いマネジメント能力・問題解決能力が身につきます。したがって、成長できる環境であることは間違いありません。自分次第ということです。

ベンチャーで働くデメリット

一方でデメリットについてもしっかりと認識しておく必要があります。ベンチャーの環境下でも結果を出し、生き残れるあなたであればやがて気づくことがあります。それは大手との資金力の違いです。これを実感するタイミングがきます。多くのベンチャーは市場においてのシェアも小さく、またスモールビジネスである場合がほとんどです。つまり、あなたがやれることに頭打ちがあるということです。あれもこれもやりたいが、お金がないからできない。このような状況においては、あなたの成長も天井が見えてきます。その結果、現状に不満が出てくることもあるでしょう。

さて最初の問いに戻りましょう。成長したいのであればベンチャーで働いたほうがいいのか。これは成長の定義によって答えが変わります。上述したメリット・デメリットを考慮したうえで、自分が望む成長がベンチャーで成し遂げられるのかをしっかり見定めることが重要です。世界を舞台にした大規模なビジネスがしたい、しっかりとした教育システムのもとビジネスマンとしての基礎をしっかりと固めたい、キャリアの道筋がしっかりと見えるところがいい、という方はもう一度自分の選択を考え直すことも必要かもしれません。

関連記事

LinkedInの使い方教えます!




LinkedInの使い方を教えます!学生から社会人、採用担当者までLinkedInユーザー会のメンバーがご相談にのります!

もっと詳しく見る

ページ上部へ戻る